妻の出産を機に熊本に移住して活躍の場を広げたKさん(31)

東京の通信大手サービスで忙しく働いていたKさん。所属する部署が移動することが多く、残業も続く忙しさの中でもがんばって働いてきたが、妻の妊娠・出産を機に、妻の実家がある熊本県に移住を決意。「営業もできるデザイナー」として活躍できる場を広げました。

部署間の異動が多く「腰を落ち着けたかった」

もともとは大手通信サービス会社のデザイナー兼ディレクターとして、東京都内で働いていました。転職を考えたのは、ちょうど妻が妊娠して出産することが決まってからです。

というのも、勤め先の会社では部署間の異動がとても多かったので、翌年にどんな仕事になるのかがわかっていない状態でした。デザイナーとしてだけでなく、営業なども担当したことがありますが、どちらかというと腰を落ち着けて仕事がしたかった。また、自分自身もこれまで積み上げてきた仕事の幅を広げたいと思っていました。

入社後すぐに有給取得可、育児しやすく

そこで人材紹介メディアを通じてthree株式会社の皆様とつながりました。相談したところ、妻の出身地である「熊本県の案件がありますよ」と紹介を受けました。

東京での子育てにこだわりがあったわけではないですし、熊本の自然の中でゆったりと子育てして生活できるのは自分にとっても家族にとってもよい環境に変わると予感していました。妻の出産という個人的な事情なことも理解していただきながら、育休取得ができるよう入社日から有給が発生する会社を紹介していただきました。

生活も仕事の質が向上、会社への貢献感もアップ

熊本への移住・転職によって、自分も仕事の幅も広がり、生活の質も大いに高まったと思います。営業の経験もあったおかげで、売り上げも飛躍的に拡大することができ、会社にも貢献できていると思っています。「自分にいちばん合った企業を紹介していただき、ありがとうございました」と、転職後に熊本のお土産を渡せたのは望外の喜びでした。