文系出身のITエンジニア、残業の毎日から脱してスキルを磨くIさん(24)

文系出身ながら、ITエンジニアとして働いていたIさん。残業に追われて充分なスキルが身につかず、仕事に対して徐々に自信をなくしていったといいます。転職によって、先輩エンジニアに教えてもらいながら自分のペースでスキルを磨くことができるようになったそうです。

残業続きの毎日、忙しさにゆとりなくす

大学は文系の学部を卒業したのに、もともとプログラミングなどに興味があって新卒で就職した会社ではITエンジニアとして勤務しました。ただ、やはりスキルには乏しく、会社も非常に忙しい状態だったため、毎日のように残業がある職場でした。

もっとゆったりとした職場環境で、しっかりとITエンジニアとしてスキルを磨いていけないものだろうか――。そう考えて転職の相談をしました。

「自社のSE育てたい」、不動産会社の求人と巡りあう

何度か相談しながらやりとりを交わす中で、上場している不動産会社を紹介されました。自社内でシステムエンジニア(SE)を育てて、自社で運用したいとの意向を持っているとのことでした。後でわかったことですが、その会社としては「ベンダーとのやりとりができる」「その当時の管理職の後継者なれる人材」という条件でのSE人材募集だったそうです。

仕事の環境が改善し、スキル積み上げに自信も復活

その上司も非常に優秀なうえに教え上手だったので、ほぼ素人だった自分は勉強しながら経験とスキルと積み上げていけると思いました。資格なども取っていきたいと考えていましたし、身近でしっかりと教えてくれる先輩がいるのは理想に近い職場だと。

残業もほぼなくなり、仕事の環境は大幅に改善しましたね。今は住居が勤務先からちょっと遠いので、近場に引っ越して通勤時間を短くするのが今年の目標です。